BLOG

めでたしめでたし。

猪狩 章仁 2016.03.12

病み上がりの体でお酒なんて飲んでしまいました。

ぶり返しちゃいました。

 

のどが痛く、くしゃみも止まりません。

目もしょぼしょぼで、鼻水もずーずーです。

 

おばんです。マドイに花粉の訪れを告げるイガリです。

 

先週まで風邪と戦っていました。週末、戦いに勝ったのでお酒を飲んじゃいました。

今週になって花粉が戦いに来ました。戦っている最中ですが勝ったことがありません。

IMG_4331[1]

何事も経験だよね。とよく言いますが、皆さんはどんな「何事も経験だよね」を持ってますか?

 

先週の風邪との闘いに何としても勝たなくてはならない理由。

そして、お酒を飲んじゃった理由。

 

そうなんです。

中学時代の友人の結婚式がありました。

29歳、仲の良い友人達がぞくぞく結婚していきます。おめでたいことです。

ものの数ヶ月の間に4回も結婚式に出席させて頂きました。

 

高校バスケ部友人・高校バスケ部友人・高校バスケ部友人・中学バスケ部友人。

バスケ部ラッシュです。ラッシュでしたコレはもう。

僕の役目は、

受付・受付・受付・友人代表スピーチ。

 

スピーチ?え、すぴーち??

 

 

 

頼まれたときは、さぁどうしましょ。でしたが、

考えてみればスピーチを任されるというのは大変光栄なこと。

スピーチを任せてもらえる友人であれたということですから。よっしゃ任せろと。

 

思い出を振り返ることなんて普段ありませんから、いい機会をもらえたなぁと思います。

とはいっても緊張はするもの。

 

新郎の職場上司の方がスピーチ。一抜け。パチパチパチ。

新婦友人が乾杯の御発声。二抜け。パチパチパチ。

 

しばし御歓談。

 

ぐぬぬぬ……そう簡単に三抜けさせないってか……。

 

トントン。肩を叩かれます。

「ハイ?」

「友人代表のイガリ様ですね、すぐ出番来ますよ!!!」

「準備万端っす!!」

強がった勢いで登壇し、新郎新婦へ愛のスピーチ。思いのたけを込めて来ました。

 

昔からそうでした。

緊張しやすいタイプ。

なのに、始まるとすーっと抜ける。

そして、予定から外れて思いついたことを言っちゃう。(余裕だと思い込む)

そして、お話迷子になり帰ってくる場所を探す。(そこまで余裕ではない)

 

29歳になって、久しぶりに大勢の前で話す経験でしたが、昔と変わりません。

 

「イガリくんありがとうね。」とお酒を注ぎに来てくれたご両親。

16年前、彼の家で雑魚寝をしながら「早く部活行きなさい!!!」と怒られた思い出。

なんていうんでしょうか。

久しぶりに会うご両親は、僕の中では当時の記憶のままで、それこそ怒られたりご飯をご馳走になったり車で送ってもらったり。

 

そんなご両親に今、お酒を注いでもらっているということ。

それがなんだか不思議で、そしてとても嬉しく思えましたし、目もうるうるです笑

IMG_4302[1]

めでたい席はいいもの。

良い経験をさせてくれた彼に感謝です。

そして翌日から、再び腐れ縁の友人同士に戻るのでした。

 

めでたしめでたし。