BLOG

茂ヶ崎の家  始まります

伊藤 佳史 2018.10.20

伊藤です。

「まさか、本当にこの日を迎えるとは・・・」
と思うのは僕だけではないように思います。

シズさん、イガリくん、、
彼と絡んだことがある方は誰もが思うことと思います。

チームマドイがお送りするノンフィクションバラエティ。
「オグマタカヒロ、家を建てる」です。

冗談はここまでとして(笑)

 

自邸計画が始まったのは約2年前….
その2年間は土地探しに費やした日々でした。

描く立地…予算…どんどん少なる土地情報。
ほぼ毎日、土地検索していたオグマくん。

同じく、土地探しに悩むお客さんと
「共に頑張りましょう!」と励みあったり。

土地探しに奮闘し、新築を叶えたOBさんへ
土地探しのエピソードを伺ったり。

ときに疲れては
「もう僕は一生、賃貸暮らしです(笑)」とか言ってみたり。

2人でもう何箇所、現地調査に行ったでしょうか?と思うほどに
粘って、探し続けたことを思い出します。

そして、とうとう出会うことが出来ました。

長町エリアから海まで見渡せる
眺望と寄り添う暮らしができる場所。

粘った人ほど、必ず出会うんです。
そして、思い描く土地で思い描いたお家を造ることは
日々の暮らしをさらに豊かにしてくれます。

僕もイガリくんもそうです。
OBさんの暮らしぶりを拝見してもそう思うんです。

現在は僕担当のベース設計を描き終えて、オグマくんへバトンタッチ。

12月の大工さん工事に向けて、
家族のこと、Kちゃんが楽しく暮らしていることを想像し、
頭を掻きむしりながら作図作業に奮闘しております(笑)

 

「ここ、どう思います?」攻撃も増えてきました。

「はぁ~決められないっ!」

「シャチョー、、決めるって大変なんですね。。。」って、フレーズをよく耳にします(笑)

向かいのイガリくんが
「もう、大丈夫だから。それでいきましょうっ!」って、フレーズも(笑)

こんな、やり取りを耳にしながら
僕はニヤケ顔で別作業に奮闘。しあわせです。

イガリくんに続き、オグマくんが
マドイで僕の設計でお家を造ってくれることは
大変、嬉しいことなんです。
2人とも弟みたいな存在だから、なおさらかもしれません。

 

「茂ケ崎の家」 始まります。

オグマくん、本当におめでとう!
マドイ一同、大切に造ります。