BLOG

散策

小熊 孝広 2019.07.12

春先の引っ越しから3ヶ月

新たな土地での家族の動きが整ってきて、ようやく自分の家になってきた気がする。

 

そんな日の休日。

 

庭にタヌキが来ました。。。。2頭。

 

① 突然のことにビビリ固まる。

 

② 今まさに序列が決まる瞬間だということを直感する。

 

結果

 

③ 腹の底から『シュっ!!シュっ!!シュっっ!!』っと言葉ではない謎音を発しながら近づく。

(この時浮かんだ最強の威嚇行為)

 

ヤバめの人間にタヌキも退散。

 

 

お近所さんによると、ハクビシンもいるらしい。

いろんな鳥も飛んでるし。

お隣さんも

「カメムシもたっっっっくさんいるよ!! 佃煮作れるくらい!!」 ←恐ろしや

とのこと。

 

そんなお山の上の我が家。

娘を毎朝車でふもとの保育園まで送迎。

 

先日の夕方。

天気も良かったので普段車では通れない遊歩道を歩いて娘を迎えに行くことに。

 

バス通りを一本入ると、こんなもののけ姫的な『森』があるとは。。。。

(たぶんシシ神様いる。)

 

いやぁ~歩いてみないと分からない。

徐々に近所を散策したいものです。

 

娘も木の枝片手に鼻歌交じりでの帰宅だったので、

「また行こうね」と言うと

「イヤ!!怖いから!パパ1人で!!」

とのことでした。。。。

 

ワクワクしたのはオヤジだけだったみたいで。。。。