BLOG

Yさんちの壁

猪狩 章仁 2019.10.03

みなさん、ラグビー見てますか?

アイルランド戦見ましたか?

おばんです、団居の控え登録猪狩です。

福岡選手が相手のボールをカットして(カットって言うのだろうか?)、

屈強なアイルランドの戦士が追いかけてくる中、もう必死に…それはそれはもう、死力を尽くして逃げるシーン。

 

見ましたか?

猪狩家大熱狂でした。

声にならん声、出ました。

声じゃないけど、出てました。

 

ろくにルールも分からないのに、ラグビーというスポーツはなぜにあれほど見入ってしまうのでしょうか。

なんだか戦略とか知力戦というところから対極の、まさに肉弾戦ともいえる屈強な選手同士のぶつかり合いに、

ただただ心躍ってしまう。そんな感覚になります。

(もちろん、相当な分析をもとに様々な戦略・プランを練って遂行しているのでしょうけども。)

 

日本が逆転し、アイルランドのラストプレー。

ドキドキドキドキ…..。

ラインの外にボールをポーン…..。

試合終了~。

え?勝ったの?なに今の??

何で蹴ったの?蹴った人、間違っちゃったの?

でも勝ったからよーーーーーーし!!!!

 

猪狩一族の頭の中は「???????」でしたが、ちゃんとした理由があったようで、

ラグビーを楽しむためにも、少しルールを学ぼうかなと思った次第です。

 

 

火曜日からお邪魔した水の森Yさんちのリフォーム工事。

子供部屋に間仕切り壁を作るという計画を、阿部大工さんとイガリという構成で進めていきます。

 

 

今回はラワンベニヤの9mm厚を仕上げ材として採用しています。

ブログでも何度か触れているのですが、このラワンベニヤ…仕入れることが大変なのです。

ホームセンターや建材屋さんにあるベニヤの山を1枚1枚めくって、綺麗な目のものをピックアップしていきます。

何件か回ったのですが、数枚めくって「はずれだ、ここは…」。の連続。

めくるまでもなく断面を見るだけで、仕上げ材として使えるか分かるようになってきました。笑

 

そうして仕入れた材料にクリアオイルを塗っていきます。

色を付けているわけではないのですが、こんなに変わるんです。素晴らしい。

(ちなみにはずれの材料だと、このような色合いが出てくれません….。)

 

耐水ペーパー掛けを施して、施工前の準備は完了です。

新築工事で採用する場合は現場で塗るのですが、リフォーム工事だと粉じんが出るため、事務所の軒下塗装としました。

事務所の軒下は通年で作業場と化しています。

 

 

既存の照明の回路も変更しました。

3灯と3灯で点灯するものを2灯と4灯に分け、新設した壁に新しくスイッチを設置します。

 

事前に羽生電工さんと配線の確認をし、「これなら出来そうよ」と。

既存側にダメージを与えることなく上手くいきました。良かった良かった。

 

新築時に子供部屋を間仕切らずに広く使い、将来的に仕切るという選択をされるケースも多いので、

こういった相談も増えてきました。

 

我が家もまさにそれで、息子はまだ1年生で一人っ子です。

2部屋を1部屋にした子供部屋という名のスペースは、ある時は野球場に、ある時はスケート場に、

そしてまたある時はゲームでうるさく騒ぐ男どもから逃避する妻の安息地になっています。

 

とにもかくにもこの広さに一人で寝るのは今はちょっとね…となりつつあるので、

「じゃあ真ん中にキャスター付きのデカ収納箱作って間仕切りにしたら良い。うん、良すぎる。」と問題解決です。

という先延ばしです。

(寝室と子供部屋交換しちゃうか、という案も出てます。勝手に)

 

 

そんな大雑把な解決はちょっと…というみなさま、お気軽にマドイにご相談ください。

昨日完成したのに写真撮るの忘れてしまいました。

 

変わらず優しさ全開のYさんご家族に会えて嬉しかったです!

5年生になったRちゃんは11歳当時のイガリよりも背が高くて衝撃です!

なにかお困りごとあれば遠慮なくイガリ召集しちゃってください!

ありがとうございました!!